アルバム

20年以上にわたってラ・シエスタはハンモック、ハンモックチェアそしてハンモック取付システムの開発に従事してきました。私達は完璧なハンモックのビジョンを持っています。

そして20年以上ものハンモックでの経験を活かし常にそれにくわえて学んでいます。品質保証の先駆者になる途上で私達は数え切れないほどの興味深い製品、技術、素材、人々そして場所を知り合いました。これらを私達は皆さんに喜んでアルバムの中でご紹介します。

第一部 始まり

ラ・シエスタの歴史はマインツ・フィンテンのガレージで始まりました。これが今日のラ・シエスタの首脳陣であるマキシミリアン、レオニード、コーネリウスです。ここで毎日サッカーをしていました。

さらにもう一品

輸入会社からハンモックメーカーへ

90年代半ばに、とりわけ幼稚園からのコットン製のハンモックの注文が相次ぎました。

さらにもう一品

イノヴェーションとデザイン

会社の創始者グリザー夫妻は70年代の終わりにホンジュラスのカリブ海の海岸で生活して居た時にハンモックを体験し、すばらしい日常用品だと気づきました。

 

カリブ海ではハンモックは単純なコーディロイから作られていました、一方、グリザー夫妻はラ・シエスタのブランドに技術的なイノヴェーションと固有のデザインを通じて他とは見間違えることが無いようなアイデンティティを与えることを念頭に色々なアイデアを試し、その結果ラ・シエスタのハンモックは耐久性と快適さを獲得しました。

さらにもう一品

持続可能性

ハンモックは製造と輸送を通じて環境に負荷をかけます。それゆえ私達の輸送会社と共同で解決策を探します。その解決策のなかで人間と自然のハーモニーがあります。

さらにもう一品

新しい風

2008年、ラ・シエスタの第2章が始まりました。

さらにもう一品

今現在の目標

ハンモックはすでに数百年にわたって南・中部アメリカで使われています。私達はこの素晴らしいハンモックが次の世紀にもその根本的な価値を失うことは無いと確信しています。この先もハンモックは新たに開発され続けていくことでしょう。

さらにもう一品